南信濃村 シダ探訪

By pina567, 2015年3月22日

植物好きの女性同年代3人で、「植物婦人部」なるものを結成し、気楽にマニアックに、年に数回出かけています。ひとりだと傍から見ると怪しげなのですが、3人ならこわくない!

今回は、桜の開花も間近な、長野県の南端の南信濃村へ。

主にシダ植物が目当てですので、以下、マニアックな内容です…

 

さてスタートします。

ハコネシダ。

長野県内には内陸でも確認されているとのことですが、中北信では見たことないです。

胞子のうがポケットになってます。

P3211974

P3212038

咲いている花はまだまだ少なくて、ダンコウバイ。

P3211983

斜面はお茶畑。すごいなあ。

P3211986

イワヒバ。

端正なふんいきです。人気なので園芸好きの人にすぐ採られてしまいます。

でもここでは斜面一面にありました。お地蔵様に守られているようです。

P3211999

P3212000

コケ植物も元気。

コケとイワヒバのアート。

P3212041P3212002

川沿いはやはり湿気が多いらしく、古い橋は緑で覆われています。

こんなところに、クモノスシダ。

P3212010

マメヅタ。

胞子をつけていました。

P3212045

ビロードシダ。

名前のとおり、毛に覆われています。

P3212057

そしてこれは、イワタバコの新芽。

こんなくちゃくちゃの葉がだんだん伸びるなんて、イワタバコって変わりもの。

もしかして太古からの植物で、独特の進化をもっているのかもしれません。

P3212061

南のシダを満喫した1日でした。

 

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA